スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車も

産業革命が加速する18世紀まで、健常者の「怠惰」は神との関係において罪として扱われ、救貧院の実態は刑務所そのものであった。18世紀以降、キリスト教の価値観を離れた救貧活動が広がり、ギルバート法の成立やスピーナムランド制度がイギリスで成立し、救貧や失業に対する価値観はようやく変転を見せました。産業革命以後、賃労働者の比率が高くなったことから、失業は重大な社会問題として取り扱われることとなった。現代ならば、さしずめを買えない人たちということでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 労働問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : イギリス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。